文字サイズ

“ゴーグル佑ちゃん”で飛躍だ 日本ハム・斎藤佑、新兵器で投球術向上へ

 ストロボ機能が搭載されたゴーグルをかけて投球練習する斎藤佑(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 日本ハムの斎藤佑樹投手(29)が24日、東京都内のジム「トータル・ワークアウト六本木ヒルズ店」で自主トレを公開。新兵器による飛躍を誓った。

 指導を受けるトレーナー、ケビン山崎氏の提案で導入したのは、ストロボ機能が搭載された「VIMA REV」と呼ばれるゴーグルによって脳を活性化するトレーニング。集中力を高める効果があるといい、斎藤は“ゴーグル佑ちゃん”に変身して投球動作を繰り返した。

 6月に30歳になる背番号1は「今はマックスのスピードを上げることを考えるよりは、試合の組み立てを考える方が現実的」。ゴーグルをキャンプにも持ち込んで配球や制球、緩急の精度を高めていく。「今年のテーマは結果を出すこと。1試合でも多く試合に投げたい」と1勝をどん欲に追求していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス