文字サイズ

片平晋作さん死去 王さんばり一本足打法で活躍 82年、初の西武日本一に貢献

 ファンの声援に応える片平晋作さん=1986年8月
2枚

 南海、西武、大洋で主に内野手としてプレーした片平晋作(かたひら・しんさく)氏が22日午前9時58分、すい臓がんのため死去した。68歳だった。大阪府出身。葬儀・告別式の日程は未定。

 大阪・上宮高から東京農業大を経て1971年度ドラフト4位で南海(現ソフトバンク)に入団した。82年に西武に移籍し、同年の中日との日本シリーズ第6戦で本塁打を放つなどし、初の西武日本一に貢献。83年には一塁手としてダイヤモンドグラブ賞(現ゴールデングラブ賞)を獲得した。87年からは大洋へ。巨人・王貞治氏の一本足打法を採り入れて活躍した。

 89年限りで現役を引退し、通算18年間で1181安打、176本塁打、601打点だった。引退後は西武でコーチや2軍監督などを務め、2013年には女子野球のイースト・アストライア(現埼玉アストライア)で監督として指揮を執った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス