文字サイズ

報徳学園小園“ビッグ3”に続く! U-18で刺激受けた「絶対プロへ」

 ドラフト上位でのプロ入りを誓った報徳学園・小園
1枚拡大

 今秋ドラフト上位候補の報徳学園・小園海斗内野手(2年)が4日、西宮市の同校グラウンドで練習した。「先輩たちのように絶対、プロへ行きたい」と、昨秋のU-18日本代表でチームメートだった日本ハム1位・清宮(早実)、ロッテ1位・安田(履正社)、広島1位・中村(広陵)の“ビッグ3”に続き、ドラフト上位でのプロ入りを誓った。

 元旦に携帯電話の通信アプリ・LINEのU-18日本代表メンバーが参加するグループに、ある先輩から「小園、藤原(大阪桐蔭)も頑張れよ」とメッセージが届いたという。

 「今年は勝負をかけたい」。激励に気持ちは一層、引き締まった。今年は夏の甲子園での優勝と、再びU-18日本代表入りすることが目標。大舞台で結果を残して、夢を実現させる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス