文字サイズ

清宮が初の背番号21姿 日本ハム入団会見「北海道で日本を代表する選手に」

背番号21を披露する日本ハム・清宮
2枚

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実、2位・西村天裕投手(24)=NTT東日本、3位・田中瑛斗投手(18)=柳ヶ浦、4位・難波侑平内野手(18)=創志学園、5位・北浦竜次投手(17)=白鴎大足利、6位・鈴木遼太郎(20)=東北学院大、7位・宮台康平投手(22)=東大=の7選手が24日、札幌市内の大倉山ジャンプ競技場での入団会見に臨んだ。

 背番号21のユニホームに初めて袖を通した清宮は「この北海道で、日本を代表する選手になれたらいい。よろしくお願いします。ファイターズのユニホームはずっと、テレビでみてきて、憧れをずっと持っていた。このユニホームを着たからには子どもたちに夢を与えられるプレーヤーになりたい」と表情を引き締め、抱負を語った。

 背番号21について大渕スカウト部長は「選定に大変、苦労したが、過去の選手とは違うまだ、色のついてない21に選定しました。今日、この場から21という番号を広めて、吹き込んでください」と期待を込めた。

 栗山監督は「年齢、1年目は関係ない。1年目から優勝するための力になることをお願いしました。これから長い野球人生になることを信じてます」とエールを送った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス