文字サイズ

日本、2連勝で決勝進出 アジア野球、台湾に快勝

 台湾戦に先発し、6回無失点で12奪三振と好投した先発の今永=東京ドーム
1枚拡大

 野球の国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」は18日、東京ドームで予選リーグ最終戦が行われ、日本が台湾を8-2で下して2連勝を飾り、1位で決勝進出を決めた。

 19日の決勝は、1勝1敗で2位通過となった韓国と対戦する。台湾は0勝2敗で敗退が決まった。

 日本は二回、外崎(西武)のソロで先制。五回に京田(中日)の適時打で2点、七回には松本(日本ハム)の2点二塁打などで3点を加えて突き放した。先発した今永(DeNA)は6回を投げて12三振を奪うなど3安打無失点の力投だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス