文字サイズ

阪神ドラ2の亜大・高橋、悔し最終登板「全部レベルアップしないと」

 4回、3番手で登板するも、わずか5球で降板する亜大・高橋遥
1枚拡大

 「東都大学野球、東洋大4-3亜大」(4日、神宮球場)

 阪神にドラフト2位指名された亜大・高橋遥人投手(4年・常葉学園橘)は悔しい大学最終登板となった。

 3点ビハインドの四回2死二、三塁に登板したが、5球連続ボールで降板。「情けないし、申し訳ない。全部レベルアップしないと(プロでは)通用しない」と唇をかんだ。阪神・吉野スカウトは「素質はすごい。持っているもの出せるように努力して欲しい」とエールを送った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス