文字サイズ

ドラフト主な指名漏れ…佐渡島初のプロ野球選手は誕生せず 152キロ右腕も指名なし

会見に臨む菊地(右)宮木監督
3枚

 「プロ野球ドラフト会議」(26日、グランドプリンスホテル新高輪)

 ドラフト会議が終了し、指名が予想されていた選手が指名漏れした。

 高校生では、佐渡島初のプロ野球選手となる可能性があった佐渡・菊地大稀投手が涙をのんだ。

 大学生では、投手で最速152キロ右腕の九産大・草場亮太投手、今春のリーグVの立役者となった東洋大・飯田晴海投手が、野手では、大阪桐蔭2年時に甲子園春夏連覇を経験し、今春の大学選手権優勝に貢献した立大・笠松悠哉内野手、攻守で堅実なプレーを見せる国学院大・諸見里匠内野手らが指名漏れした。

 社会人では最速151キロ右腕のJX-ENEOS・柏原史陽投手、兄弟指名が期待されていたトヨタ自動車・北村祥治内野手も指名がなかった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス