履正社・岡田監督「実力の差」 大阪桐蔭に完敗も「いい経験」

 「高校野球・秋季大阪大会・決勝、大阪桐蔭9-2履正社」(14日、シティ信金スタジアム)

 履正社は背番号18の先発左腕・清水大成投手(1年)が、5回1/3を2失点と好投。岡田龍生監督(56)は「今日の試合は完敗。実力の差ですね」と話しつつ「清水は苦しみながら粘って、いい経験ができたと思う。今後へのいい材料になった」。2年連続のセンバツ出場を狙う上で負けられない秋季近畿大会に向けて、手応えをつかんだ様子だった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス