文字サイズ

智弁学園16安打17点で3年連続V 先発・伊原が投打で活躍

 「高校野球・秋季奈良大会・決勝、智弁学園17-4高田商」(12日、佐藤薬品スタジアム)

 智弁学園は16安打17点で3年連続の優勝を果たした。

 先発・伊原陵人投手(2年)が投打で活躍。9回4失点で完投し、打撃でも公式戦初本塁打となるソロを含む3安打3打点を記録した。小阪将商監督(40)からは新チーム始動時に「史上最弱」と言われたという。伊原は「言われたままでは終われなかった」とチームメートと奮起して練習し、頂点をつかんだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス