文字サイズ

楽天の松井裕が史上7人目の3年連続30セーブ

 9回から登板した楽天・松井裕樹
9回、日本ハム・石井一を中飛に打ち取り嶋(左)と談笑する楽天・松井裕=東京ドーム(撮影・堀内翔)
日本ハムに快勝し松井(左)を迎える楽天・梨田監督=東京ドーム(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「日本ハム4-6楽天」(7日、東京ドーム)

 楽天の松井裕樹投手が、プロ野球史上7人目となる3年連続の30セーブを記録した。2点リードの九回、1死から田中賢に中前打を許したが、後続を断って得点を許さなかった。

 3年連続以上30セーブは、岩瀬仁紀(中日)、高津臣吾(ヤクルト)、小林雅英(ロッテ)、永川勝浩(広島)、武田久(日本ハム)、サファテ(ソフトバンク)が記録している。

 楽天は2連勝。2位の西武が勝ったため、その差は1ゲームと変わらず、さらに試合のなかった首位・ソフトバンクの優勝マジックも10のままとなった。

 打線は三回、藤田の中前適時打で先制。ペゲーロの右線2点適時二塁打で加点すると、四回には島内の右越え2点適時二塁打で突き放した。

 先発した安楽は3回4安打2失点で降板。四回以降は中継ぎ陣が踏ん張った。五回途中から登板した久保が、1回1/3を無失点で3勝目を挙げた。

 日本ハムは先発有原が5回2/3を11安打6失点と誤算だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス