文字サイズ

巨人・山口俊書類送検 器物破損と傷害の容疑

 山口俊投手
1枚拡大

 7月中旬に東京都目黒区内にある病院で警備員を傷つけるなどトラブルを起こした疑いのある巨人・山口俊投手(30)について、警視庁目黒署が器物破損と傷害の容疑で書類送検する方針を固めた。31日、捜査関係者が明かした。

 同署によると、山口俊は30歳の誕生日を迎えた7月11日未明、酒に酔った状態で右手甲をけがして知人と病院を訪問。その際、ドアを壊したり、男性警備員の腰などに全治約2週間のけがを負わせたりした疑いが持たれている。

 110番通報を受けた署員が駆けつけたものの、山口俊の姿はなかった。右腕は受診せず、立ち去っていたという。

 同署は器物破損と傷害の被害届を受理。防犯カメラ映像の解析や目撃者の証言、山口俊への事情聴取など捜査を進めていた。

 山口俊は今季、フリーエージェント(FA)でDeNAから加入。右肩痛で出遅れ、6月14日のソフトバンク戦(東京ドーム)で移籍後初登板を果たした。これまで4度登板して1勝1敗、防御率6・43。トラブル発覚後の7月18日の中日戦(ナゴヤドーム)予告先発を回避。その後、球団は当面の自粛を発表していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス