文字サイズ

広島・田中広輔の弟、日立製作所・俊太が反撃弾 広島スカウト「プロでもやれる」

 「都市対抗野球、三菱重工名古屋5-3日立製作所」(18日、東京ドーム)

 1回戦が行われ、昨年準優勝の日立製作所(日立市)は追い上げも及ばず三菱重工名古屋(名古屋市)に3-5で敗れ、初戦で姿を消した。日本通運(さいたま市)は北川が先制の2点適時打など3打点の活躍を見せ、5-3で三菱重工広島(広島市)を下した。新日鉄住金東海REX(東海市)は延長十回、浜口の三塁打で2点を奪い、JR北海道クラブ(札幌市)を2-0で倒した。

 広島・田中広輔の弟で今秋ドラフト候補の日立製作所・田中俊太内野手(23)が、右越えソロを含む3安打2打点と気を吐いた。四回に反撃の一発を放つと、七回には中前適時打。勝利に結びつかず「ホームランはいい感触だったけど、負けたら意味がない」と硬い表情を崩さなかったが、広島・苑田スカウト統括部長は「打撃の間の取り方は一番うまい。プロでもやれる」と評価した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス