文字サイズ

阪神ドラ5糸原健斗、気持ちは社会人選手権へ

5回2死、右飛に倒れた阪神5位指名の糸原健斗=神奈川・ENEOSとどろきグラウンド
7回1死二塁、空振り三振に倒れた阪神5位指名の糸原健斗
試合後、室内で打ち込む阪神5位指名のの糸原健斗
3枚3枚

 「オープン戦、JX-ENEOS4-0日立製作所」(23日、ENEOSとどろきグラウンド)

 阪神からドラフト5位指名を受けたJX-ENEOS・糸原健斗内野手(23)が「3番・三塁」で出場。2三振を含む3打数無安打と快音を鳴らすことはできなかった。

 ドラフト後、初の実戦だった。29日開幕の社会人野球日本選手権大会へ向けて「ドラフトの時はほっとしてたけど、気持ちはもう選手権に向かっている。しっかり調整して、やっていきたい」と先を見据えた。

 糸原は島根県雲南市出身。175センチ、80キロの右投げ左打ち。50メートル走6秒1、遠投110メートル。開星、明大、JX-ENEOSを経て阪神から指名を受けた。

 開星では1年秋からレギュラー入りし、2年春、3年春夏に甲子園出場。高校通算29本塁打を放っている。明大では1年秋からリーグ戦に出場。高山、坂本といった阪神在籍の選手と共にプレーし、3年春秋にベストナイン(三塁手)、3年時の全日本大学選手権では首位打者を獲得した。JX-ENEOSでは都市対抗本大会に出場している。

 20日のドラフト当日では、「金本監督の現役時代のように、勝負強い選手になりたいです」と宣言。開星での高校3年間は、指揮官も現役時代に通った広島市内のトレーニングジム「アスリート」で筋トレに励んだ経験を持つ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス