文字サイズ

プロ注目右腕、神戸弘陵・東が復活完投 8球団スカウトの前で昨夏代表撃破

 市尼崎戦に先発した神戸弘陵・東
1枚拡大

 「高校野球兵庫大会・3回戦、神戸弘陵4-2市尼崎」(17日、高砂市野球場)

 神戸弘陵の今秋ドラフト候補、最速145キロ右腕・東晃平投手(3年)が9回7安打2失点完投。昨夏代表校・市尼崎を下して4回戦に進出した。

 「いつもの調子ではなかったので、制球を意識した。勝ててよかった」

 何とか夏に間に合わせた。4月に投げ過ぎで腰椎を骨折。さまざまな治療に取り組み、6月中盤からの投球練習再開へこぎ着けた。

 大会開幕まで実戦での最長登板は4回で、最多球数は30球。万全ではなく、不安もあった。それでもこの日は、107球を投げて、負傷後初完投。同最速143キロも計時した。「試合後は張りが出たりするけど今日は大丈夫」と笑顔を見せた。

 スタンドでは巨人、広島など8球団10人のスカウトが視察。DeNA・安部スカウトは「状態が上がればもっとよくなると思う」と将来性に期待した。

 4回戦の相手は関西学院。「次がヤマ場だと思う」と東。自らの力で99年春以来の甲子園へはずみを付ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス