文字サイズ

青藍泰斗のドラフト候補右腕・石川145キロ5回0封!復帰快投にスカウトうなった

3週間ぶりの実戦登板で、5回無失点と好投した青藍泰斗・石川
1枚拡大

 「高校野球・練習試合、青藍泰斗7-2取手松陽」(24日、青藍泰斗グラウンド)

 今秋のドラフト候補、青藍泰斗(栃木)の石川翔投手(3年)が、取手松陽(茨城)との練習試合に先発し、5回2安打無失点と好投した。

 右肩の違和感から3週間ぶりの復帰登板で、最速は145キロを計測。無四球と制球もよく、毎回の6三振を奪い「まだ60%。実戦感覚がなくてなまっていたので、徐々に上がっていく感じ。肩の違和感はない」と納得の表情を浮かべた。

 ネット裏で視察したスカウト陣も、順調な回復を確認。ソフトバンクの小川編成・育成部長兼スカウト室長は「社会人みたいないい体をしている。力まずにバランスよく投げていたし、意外と器用」とうなった。

 昨秋の栃木大会では、準決勝で王者・作新学院に敗れた石川。「残り少ない毎日を大切にしたい。体のケアをしっかりして、万全で臨めるように」と、最後の夏を見据えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス