文字サイズ

U-18W杯高校日本代表 早実清宮ら30人候補入り

 代表候補入りした早実・清宮
1枚拡大

 日本高野連は16日、9月にカナダのサンダーベイで開催されるU-18W杯の高校日本代表第1次候補として、早実・清宮幸太郎内野手(3年)ら30人を発表した。最終メンバー20人は、今夏の甲子園決勝後に発表される。

 30人のうち22人が今春のセンバツに出場。投手陣はセンバツVの大阪桐蔭・徳山壮磨投手(3年)ら11人。2年生は早実・野村大樹内野手、報徳学園・小園海斗内野手、大阪桐蔭・藤原恭大外野手が選ばれた。スモールベースボールを掲げる小枝守監督(65)は、「走攻守にバランスが取れた選考をしていただいた」とコメントした。

 選手選考は夏の地方大会、夏の甲子園も対象。今回は外れた履正社・安田尚憲内野手(3年)らも最終的にメンバー入りする可能性はある。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス