文字サイズ

福井工大、サヨナラで2回戦へ 全日本大学野球選手権

9回 東京農業大学のワイルドピッチで二塁ランナーの福井工業大学・樋口が生還し同点になる=神宮球場(撮影・中田匡峻)
2枚

 「全日本大学野球選手権第1日第1試合・福井工大5-4東農大北海道オホーツク」(5日、神宮球場)

 福井工業大が延長十回サヨナラ勝ちで2回戦に進出した。

 1点を追う九回に、同点に追い付いて延長戦へ突入。タイブレーク制で1死満塁から始まった延長十回に、1点を勝ち越しされたが、直後の攻撃で樋口拓真外野手(4年・九州国際大付)が左越え2点二塁打を放って試合を決めた。

 樋口は「勝ててほっとしている。バットの先だったので、レフトフライだと思ったけど、越えてくれてよかった」と安どの表情を見せた。

 2回戦は、昨年の大会で敗れた上武大と対戦する。樋口は「去年、負けてから上武大だけを意識してきたと言っても過言ではない。楽しみで仕方ない」とリベンジを誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス