文字サイズ

清宮の前打者敬遠はベンチの指示…秀岳館監督、試合後早実に謝罪

 9回2死一塁で打席に入るときに相手捕手に言葉をかける早実清宮
1枚拡大

 「高校野球・招待試合、秀岳館5-1早実」(14日、藤崎台県営野球場)

 最終回2死走者なしから秀岳館バッテリーが前の打者を敬遠し、早実・清宮との対戦を選択。その打席は一ゴロに終わった。

 敬遠はベンチの指示で、鍛治舎巧監督(66)は「甲子園で対戦するかもしれない相手なので、田浦に勝負させたかった。パフォーマンスのつもりはない」と夏を見据えて経験を積ませる策だったと説明。試合後に早実の和泉実監督(55)に謝罪したという。田浦は「(清宮は)怒っていた感じがしたけど、気にせずに抑えようと思った」と冷静に振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス