文字サイズ

ヤクルト西田が先制打 捕手登録も離脱の畠山に代わり一塁で出場

 2回ヤクルト無死二塁、西田が中前に先制打を放つ=神宮
力投する先発の石川=神宮球場
2枚2枚

 「ヤクルト-広島」(21日、神宮球場)

 ヤクルトが先制した。二回無死二塁。2試合連続で「6番・一塁」で先発出場した西田が、先発・加藤の134キロを捉え中前へ先制適時打を放った。

 「打ったのは甘く来たフォーク。追い込まれていたので逆方向を意識して打ちました」。

 7年目で昨季は自己最多の74試合に出場。捕手登録だが、左膝裏を負傷した畠山の離脱もあり一塁で起用されている。2試合連続で零敗を喫しているだけに、待望の先制点となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス