文字サイズ

DeNA・井納 七回に突如崩れ3失点降板

7回広島1死二、三塁、小窪哲也にバットを折りながらも右前に同点となる2点適時打を打たれ、降板するDeNA・井納翔一=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
 力投するDeNA・井納
 7回、同点2点適時打を打たれ、降板するDeNA・井納(中央)
3枚3枚

 「広島-DeNA」(20日、マツダスタジアム)

 DeNAの井納翔一投手が先発し、6回1/3を8安打3失点で降板した。

 序盤から中盤までは上々の投球内容。直球が走り、変化球もさえ、6回まで無失点に抑えた。七回には自らの適時打で2点を奪い3-0とリードを広げた。だがその直後の七回に突然、崩れた。松山、エルドレッドに連打を浴び無死一、三塁のピンチを招くと、安部に右前適時打を打たれて1失点。さらに1死二、三塁から代打・小窪に右前に適時打を浴び2失点を許して同点に追いつかれた。その直後に降板を告げられた。

 右腕は「調子自体はそこまでよくありませんでしたが、低目を意識して投げました。点を取られた後も、腕を振って投げ込む事ができましたが、点数を守りきる事ができませんでした。チームのみんなに申し訳ないです」悔しそうに話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス