文字サイズ

国学院大が延長制す 山崎、進化の一発

同点の右越えソロを放つなど、勝利に貢献した国学院大・山崎
1枚拡大

 「東都大学野球、国学院大6-5日大」(19日、神宮球場)

 国学院大は連日の延長戦を制して1勝1敗のタイに。今秋ドラフト候補の山崎剛内野手(4年・日章学園)が、今季2号となるソロを放った。

 山崎が進化の一発を放った。1点を追う五回に同点の右越えソロ。昨季までノーアーチの男が、今季は早くも2本目だ。ミート重視のスイングを改め、冬場から「強く振る」ことを意識。「成果として出ている。イチロー選手もテレビで『強くバットを振らないと』と言っていた」とうなずいた。中日・正津スカウトは「インパクトで強くたたける。打球が伸びるね」と評価した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス