文字サイズ

桜井8K力投で日大三8強!6球団スカウト視察

 今大会初登板となった東海大菅生戦で力投する日大三・桜井
1枚拡大

 「春季高校野球・東京大会4回戦、日大三4-3東海大菅生」(10日、ダイワハウススタジアム八王子)

 4回戦が行われ、今春センバツ出場の日大三が準々決勝に進んだ。今秋ドラフト候補左腕・桜井周斗投手(3年)が今大会初登板。6球団のスカウトの前で、八回途中5安打3失点(自責1)でしのぎ、勝利に貢献した。

 直球は142キロを計測し、決め球のスライダーで8三振を奪った。終盤のスタミナに課題は残ったが、昨夏西東京大会準決勝で敗れた相手に雪辱し「序盤は直球をコースに投げて打ち取れた」と納得顔。阪神・畑山チーフスカウトは「いい投手なのは分かっている。やはりスライダーはいい」と評価した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス