文字サイズ

ソフトバンク・上林、1打席で3度も自打球当たる 負傷交代

 「オープン戦、ソフトバンク-阪神」(23日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの上林誠治外野手が、1打席に3度も自打球が当たって負傷交代した。

 四回、3点を先制してなおも2死一塁で打席に立った。するとカウント3-2からの7球目。打ちにいった当たりが足元に当たりファウル。顔をゆがめたがプレーを続行。しかし続く8球目も足元に打球が直撃し、再び表情をゆがめた。

 さらにファウルで粘り10球目にも打球が足に直撃。計13球の“死闘”の結末は空振り三振に終わった。足を引きずりながらベンチへ戻ると、五回の守備にはつかず。代わって福田が右翼に入った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス