文字サイズ

履正社・安田 日大三・桜井撃ち 清宮から5Kの好左腕攻略

9回、安田は左越え適時二塁打を放つ(投手・桜井) 
1枚拡大

 「選抜高校野球・1回戦、日大三5-12履正社」(19日、甲子園球場)

 開会式と1回戦3試合が行われ、優勝候補同士の対決となった第2試合は、履正社(大阪)が同点の九回に一挙7点を奪取し、日大三(東京)を下した。今秋ドラフト上位候補・安田尚憲内野手(3年)は1打席目から3打席連続三振を喫していた日大三の左腕・桜井を最後に攻略し、左翼フェンス直撃の適時二塁打。高校通算49本塁打の大砲が、苦しみながらも初戦突破に貢献した。

 ラストチャンス。安田は一振りにかけた。九回、1点を勝ち越し、なお2死二塁。打席に立つと、この回途中降板して中堅へ回った桜井が再登板のためマウンドに戻ってきた。

 「みんながつないでくれたので集中した」

 初球。狙いを定めた外角の直球を振り抜く。一直線に伸びたライナーが左翼フェンスを直撃した。勝利をたぐり寄せる適時二塁打。それまでの鬱憤(うっぷん)を晴らすように、力強く拳を握った。

 序盤は、昨秋の東京大会決勝で早実・清宮から5三振を奪った左腕のスライダーに手も足も出なかった。「高校でやってきて一番すごかった。想像より2倍はキレていた。自信を持っていったけど、鼻を折られた。清宮選手が5三振する気持ちが分かった」。1、2打席目はともに外角低めのスライダーで空振り三振。五回2死もスライダーで見逃し三振に終わった。

 1学年先輩で、ヤクルトのドラフト1位・寺島との対戦でも見たことがない軌道に苦戦。それでも最終打席でリベンジしたのは、成長の跡だった。

 聖地で結果を出すことにこだわってきた。甲子園に初出場した昨夏、藤平(楽天)擁する横浜との2回戦に「4番・三塁」で先発。のちにプロ入りする寺島と藤平が生み出す緊迫感に目を奪われた。「あの試合が大きなターニングポイントだった」。目標はプロ入り。そのためには大舞台で結果を出さなければならない。以降、練習から妥協が消えた。

 開会式前には待機していた甲子園室内練習場のトイレで、早実・清宮と遭遇したという。2人を担当する阪神・畑山チーフスカウトも「因縁めいたものがあるのかな」。昨秋の明治神宮大会で対戦した2校は、順当に勝ち上がれば決勝で再戦する。「一戦必勝でいきたい」と安田。今春、誰にも主役は譲らない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス