文字サイズ

侍ジャパン、阪神に敗れる 先発武田が乱調 打線も2得点 実戦4試合で1勝3敗

 7回終了後、選手交代を告げベンチに戻る侍JAPAN・小久保監督(中央)
3枚

 「WBC強化試合、阪神4-2日本」(3日、京セラドーム大阪)

 WBC日本代表は、先発武田(ソフトバンク)が乱調、打線も阪神投手陣を捉えきれずに敗れた。

 初回にいきなり無死二、三塁のピンチを背負った武田は内野ゴロで1点を失い、二回には1死二、三塁から板山に右線2点適時二塁打を許した。武田は2回3失点で降板した。

 救援陣は好投し、2番手・牧田(西武)は2回無安打無失点。3番手・平野(オリックス)は1安打を許したものの三者連続三振で1回無失点。増井(日本ハム)、松井(楽天)らも好投した。

 しかし、抑えに期待される秋吉(ヤクルト)が八回1死から登板し、いきなり原口に左前打を許し、2死一塁から新人・糸原に中堅右に適時二塁打を許した。

 打線は七回2死から5番・中田(日本ハム)が左翼ポール際にソロ本塁打。八回には代打田中(広島)の中前打を足がかりに1点差に詰め寄ったが、攻めきれなかった。

 小久保監督は「立ち上がり、武田がコントロールできなかった」と振り返った。2得点の打線には「もうちょっと早く点を取れればよかったんですが。山田(ヤクルト)の状態がよくなった」と2安打を放った山田の復調に手応えも感じていた。

 これでWBC開幕前の実戦4試合で1勝3敗。実戦は5日のオリックス戦(京セラドーム大阪)を残すのみとなり「打線は絶好調ではないですが、どうすればつながるか最後の実戦でやっていきたい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス