文字サイズ

キューバ4番のデスパイネは4タコ オリックス戦は引き分け

 2回、見逃し三振に倒れるキューバ・デスパイネ
 7回、スクイズを決め、駆け出すオリックス・鈴木
7回、オリックス・鈴木昂平のスクイズバントで生還するオリックス三走・大城滉二=京セラドーム大阪(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「WBC強化試合、オリックス3-3キューバ」(3日、京セラドーム大阪)

 オリックス打線が12安打を放つも、3得点に止まり、強豪キューバと引き分けた。

 四回、伊藤の犠飛で先制すると、六回にも伊藤が中前適時打を放ち、1点を加えた。

 七回には、1死一、三塁の場面で途中出場の鈴木がセーフティスクイズを決めてリードを3点に広げた。

 しかし、八回から登板した吉田一がキューバ打線につかまり、一挙3点を失い、同点とされ、そのまま引き分けに終わった。

 先発した左腕の松葉は3回1安打無失点と好投。

 キューバの4番を務めたソフトバンクのデスパイネは、4打数ノーヒットに終わった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス