文字サイズ

青木が侍ジャパンに合流「新鮮な気持ち」 3日の阪神戦に「1番・中堅」で先発

日本代表に合流した青木宣親(左から2人目)は記念写真の椅子に座り笑顔を見せる=京セラドーム(撮影・山口登)
打撃練習で快音を響かす青木(撮影・山口登)
2枚2枚

 野球日本代表「侍ジャパン」は2日、福岡から陸路で大阪に移動し、京セラドーム大阪で全体練習を行った。この日の練習から、米大リーグ・アストロズの青木宣親外野手(35)が合流。代表全28選手がそろった。フリー打撃ではライナー性の鋭い打球を連発。柵越えも放つなど、移動の疲れを感じさせなかった。

 「本当に新鮮な気持ちで野球の練習ができました。日本の球場で野球をやるのも久しぶりなので、楽しかったですね」

 打撃練習後は中堅の守備位置に就き、打撃練習の打球を追った。3日に予定される阪神との強化試合には、「1番・中堅」でスタメン出場する予定。開幕戦となる7日・キューバ戦に向けて「とにかくいい状態で7日を迎えること。この2試合をいい時間にしたいですね」と意気込んだ。

 2大会ぶりの出場となる現役メジャー・リーガー。チームに新たな息吹をもたらす。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス