文字サイズ

選抜大会、早実・清宮は特別ルートで球場入りが決定 「事故防止のため」

早実・清宮
1枚拡大

 「第89回選抜高校野球大会」(19日開幕、甲子園球場)

 運営委員会が1日、大阪市内の日本高野連で開催され、清宮幸太郎内野手を擁する早実は、大会中は別ルートで球場入りすることが決まった。

 通常、試合当日の選手はバスで球場周辺まで移動して、バスを降車後は一般人の中を歩いて球場入りする。

 しかし、早実が同様のルートを使用した場合、清宮にファンが殺到する可能性が高い。そのため同校の選手は甲子園練習、リハーサル、開会式、試合当日の全てで、一般人と接触しない別ルートで球場入りすることになった。

 高野連の関係者は「注目度も上がっているので、事故防止のためです」。“清宮フィーバー”によるアクシデントを防ぐために異例の処置となった。

 清宮は1年夏の15年の甲子園でも別ルートで球場入り。警備上の都合で早実の宿舎が変更されるなど、フィーバー対策が採られていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス