文字サイズ

大阪桐蔭3年連続9度目センバツ “目玉”は根尾の投&内&外“三刀流”

 第89回選抜高校野球大会(3月10日抽選、19日開幕・甲子園)の選考委員会が27日、大阪市内で行われ、出場32校が決定。大阪桐蔭は3年連続9度目のセンバツ出場を決めた。

 西谷浩一監督(47)は今年のチームについて「まだ9人が固まらない、珍しい年」という一方「やるからには学年は関係ない。調子のいい選手を使う」という形で臨む。

 中でも“目玉”となるのは昨夏の時点で148キロをマーク、内外野もこなす根尾昴外野手(1年)だ。

 自身は「当たり前のプレーで日本一に貢献したい」と控えめに話したが、マウンドさばきはもちろん、昨年8月に行われた早実との練習試合ではサヨナラ2ランを放つ勝負強い打撃もあり、三刀流か、それ以上の期待感が漂う。

 昨年末に左太もも裏の肉離れを起こしたが、それも完治。「想像がつきません」という甲子園で、清宮以上に注目を集める可能性も十分だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス