文字サイズ

日本ハム 来秋ドラフトくじ引きは継投策!? 栗山監督”連敗”で浮上

札幌市内の球団事務所を訪れた栗山監督(左)
1枚拡大

 日本ハムが来秋のドラフト会議でくじ引き継投プランを検討していることが27日、明らかになった。

 逸材獲得へ、珍作戦に打って出る。ドラフトでくじ引き役が有力視される栗山監督が1回目の抽選を外した場合、外れ1位の抽選には参加させない。球団幹部は「当たってない人に続けて引かせてもうまくいかないのかもしれない。継投も考えている」と戦略を明かした。

 栗山監督は今秋ドラフトでは目玉の創価大・田中正義投手を外し、外れ1位でも桜美林大・佐々木千隼投手を外した。球団幹部は「自信がなさそうだった。引っ張り過ぎたかも」と田中外しを引きずってしまったことが“連敗”の要因と分析。外れ1位のくじ引き候補には、竹田球団社長や木田GM補佐の名前が挙がっている。

 指揮官は来秋ドラフトで早実・清宮幸太郎内野手の1位指名を熱望しているが、外れ1位でも履正社・安田尚憲内野手ら競合になりそうな有望株がいる。「いい選手はいっぱいいる」と栗山監督。チーム一丸で、2年連続の抽選連敗だけは阻止する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス