文字サイズ

井川慶が独立リーグと練習生契約 無報酬の“0円契約”

晴れやかな表情で会見する井川 慶=駒ケ谷運動公園体育館(撮影・高部洋祐)
「29番」を背にキャッチボールする井川 慶=駒ケ谷運動公園体育館(撮影・高部洋祐)
会見する井川 慶=駒ケ谷運動公園体育館(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 阪神や米大リーグ・ヤンキース、オリックスなどでプレーした井川慶投手(37)が22日、兵庫県三田市内の施設で会見を行い、関西独立リーグの「兵庫ブルーサンダーズ」と選手契約(練習生)を結んだことが発表された。背番号は「29」。契約金や年俸はなく、無報酬の「ゼロ円契約」となった。

 まだ練習生としての契約で、公式戦ではプレーできない。そのため、まずはキャンプなどを通じて状態を上げた上で、選手としての契約を目指す立場だ。所属チームがなかった今季は、このブルーサンダーズで練習を行うなど、独自で調整を進めてきた。

 会見では「まだ野球に対する思いが残っている。ブルーサンダーズの力になれるようにがんばりたい」と力を込めた。将来的なNPB復帰に対する思いは「まだ先のことは考えていない」と話し、「まず1シーズン、来年投げられるような体を作っていきたい。(15年にプレーした)オリックスでも1シーズン投げてなかったので、まず1シーズン投げたい」と、来季にかける思いを明かした。

 阪神では03年に20勝を記録するなどエースとして活躍した左腕が、新たなスタートを切る。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス