文字サイズ

広島・新井、ハム大谷は「漫画の主人公」

来年の目標について語る広島・新井と日本ハム・大谷(右)=東京ドームホテル)
3枚

 広島の新井貴浩内野手が21日、日本ハムの大谷翔平投手らと、都内で行われた報知プロスポーツ賞の表彰式に出席。壇上でのトークショーで今季は実現しなかった投手・大谷との打席での対決を来季は「1打席でもいいから立ってみたい」と熱望した。

 新井は今季、春のセ・パ交流戦、秋の日本シリーズを通じて大谷の投球を打席で見ることはなかった。特に大谷にとって日本シリーズ唯一の登板となった第1戦の先発時に、「ヨシッ!」と意気込んだ新井の名前はスタメン表になく、対戦機会を逸していた。

 新井はイベントで今季の大谷の活躍について、「漫画の主人公みたい。できすぎですよ。それはないだろう!?ということをやってしまう」と絶賛、シーズン中はベンチから大谷の投球を見ながら、「これは打てないわ」と感じていたと話し、「(来季は)1回は打席に立って対戦し、子どもに自慢したい」と切望した。

 新井はイベント後も「(大谷の投球を)打ち返すことはできない。150キロ台のフォークもある」と話し、「今の子どもたちにとって憧れの存在」と、自身の子どもからも大谷のサインを頼まれ、色紙を渡されたことを明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス