文字サイズ

履正社・安田が2打席連続適時打 虎スカウトは成長実感

 5回、右翼線へ同点の適時二塁打を放った履正社・安田
1枚拡大

 「秋季高校野球近畿大会・準決勝、履正社6-3滋賀学園」(3日、紀三井寺球場)

 履正社が滋賀学園を逆転で下し、優勝した春の近畿大会に続き決勝進出を果たした。来秋ドラフト1位候補の安田尚憲内野手(2年)が2打席連続適時打を放ち、視察した阪神・畑山アマ統括スカウト補佐が成長を実感。神戸国際大付は九回1死から2本塁打で逆転に成功し、大阪桐蔭を下して7年ぶりの決勝進出を果たした。

 2本の適時打が確かな成長の証しだ。2打席連続適時打で打線に勢いをつけ、逆転勝ちを呼び込んだ安田に阪神・畑山統括スカウト補佐は「甲子園の時よりも成長している。余裕を持って打席に入れている」と目を細める。

 「しっかり打てるボールを張って。狙い球以外を見逃せたのがよかった」と三回2死三塁から狙っていたチェンジアップを右前にはじき返した。1点を追う五回2死一、二塁の場面では「直球を狙った」と右翼線へ同点の適時二塁打。「軸を残してスイングできた」と笑みを浮かべる。

 今夏の甲子園では内角を攻められ、体が前に流れる悪癖を露呈した。そこを意識して修正し、結果につなげた安田。恵まれた体格だけでなく、技術面でも成長の兆しを見せている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス