文字サイズ

履正社 驚異の防御率0・59で決勝へ ドラフト候補二枚看板の山口6回1失点

 「高校野球大阪大会・準決勝 履正社11-1桜宮」(30日、舞洲ベースボールスタジアム)

 大阪大会では、履正社が今秋ドラフト候補・山口裕次郎投手(3年)の6回1失点の好投で、6年ぶりとなる夏の聖地に王手をかけた。チームメートのドラフト1位候補・寺島成輝投手(3年)とローテを組んで臨んだ今大会の防御率は、驚異の0・59。強豪を次々となぎ倒してきた投手力は盤石だ。金光大阪は、エース・末友雄梧投手(3年)が2失点完投。6試合を1人で投げ抜いてきた鉄腕が9年ぶりの甲子園を目指す。

 走者を背負っても粘りきった。7安打を浴びながらも、失点は味方の失策による1点のみ。「粘れたかなと思います。前回よりは良かった」と振り返った山口には、ある“約束”をギリギリで死守した達成感があった。

 「8試合で4失点」-。開幕前、投手コーチと寺島と3人で話し合って、目標を決めた。この日、山口は自己最速タイとなる145キロを計測し、見守った日米12球団27人のスカウトを前に躍動した。登板翌日は基本的にノースローだが「投げていないと不安になるので」と中1日でのマウンドにもかかわらず、前日にブルペンで40球を投げ込み臨んだ。

 桜宮打線から6回で7奪三振をマークし、四球はゼロ。準決勝までの7試合で、チームの失点はわずかに4(自責は3)。防御率は0・59と激戦区の大阪で強豪校を次々と倒してきたことを考えれば、驚異的な数字だ。

 「きょうで4点目を取られてしまったんで…。明日の決勝はしっかり準備しますが、寺島に託したいと思います」と山口は笑った。背番号10の思いを受けたエース・寺島は「託されたのであれば、責任は果たしたい。明日、ゼロで抑える」と力を込めた。

 最強の二枚看板で勝ち上がり、たどり着いた決勝の舞台。2人にとって初となる聖地のマウンドは、目前だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス