文字サイズ

オリ奥浪、巨体揺らし安打でプロ初打点

 8回、代打・奥浪が三塁へ適時内野安打を放つ
1枚拡大

 「西武2-8オリックス」(10日、西武プリンスドーム)

 八回2死一、三塁。オリックス・奥浪が100キロの巨体を揺らしながら懸命に一塁へ駆け込むころ、三遊間の当たりを横っ跳びで捕球した三塁・金子侑は二塁へ送球し「セーフ」。この瞬間、3年目でのプロ初打点が記録された。

 「(一走の)安達さんのおかげです。一塁に投げていたらアウトでしょう」

 福良監督は「ブーちゃん」と呼び、かわいがる。チームメートもスタッフも外国人も奥浪の周りでは笑顔になるムードメーカー的存在。西武・中村にあいさつに行くと、相手ベンチから「弟か?」と声を掛けられる。ここでも笑顔だ。

 同期の園部、若月の活躍に「うれしい気持ちも悔しい気持ちもあった」と素直に真情を吐露。今度はブーちゃんが巻き返す番だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス