文字サイズ

龍谷大・滝中150キロ連発 自己最速

 「関西六大学野球、大商大3-2龍谷大」(15日、わかさスタジアム京都) 

 ドラフト候補の龍谷大・滝中瞭太投手(4年・高島)は自己最速を3キロ更新する150キロを2度マークしたが、九回2死から逆転二塁打を浴びて敗れた。

 関西に魅力たっぷりの逸材が現れた。前回登板でリーグ記録の7者連続奪三振をマークした滝中が、今度は自己最速を3キロ更新する150キロを連発。九回2死から逆転二塁打を浴びたが、視察した西武・渡辺SDら6球団のスカウト陣に絶大なインパクトを残した。

 「150キロは目標にしていた数字なので」と滝中。立ち上がりから140キロ台後半の直球を連発し、2度、球場のスピードガンが150キロを表示した。3季連続優勝を目指す大商大に八回まですべてシングルの4安打1失点。力のある直球で内野ゴロを量産した。

 2-1の九回、勝利まであと1死と迫りながら不運な2本の安打で出した走者を代打の一振りでかえされた。「ボールが高かった。自分の甘さが出た。落ち込んでるヒマはないけど落ち込んでます…」と肩を落とす。

 それでも阪神・熊野スカウトは「球威があって制球もいい。去年の岡田(大商大→広島ドラフト1位)みたいになる可能性を秘めている」と絶賛。その評価は試合を重ねるごとに、上昇の一途をたどっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス