文字サイズ

ミス重なりオリ3連敗で最下位逆戻り

 「ロッテ5-4オリックス」(29日、QVC)

 ミスから招いた失点で、オリックスが3連敗。リズムを崩した西は、6回7安打5失点で降板した。

 2点リードの四回。無死一塁で、デスパイネが放ったセンター方向へのフライを宮崎が見失い、手前でワンバウンドさせた。二塁打となり無死二、三塁。続く福浦に中前適時打、クルーズには犠飛を打たれ同点に追いつかれた。

 宮崎は「球場の上で照明がなく、見えなかった。責任を感じている」と消沈。福良監督代行は「見えなかったらどうしようもない」とため息をついた。

 六回は1死満塁の場面で山崎勝が捕逸。1点を失うと、中村に2点適時打を浴びた。

 西は「言い訳にならない。次はやり返したい」と唇をかんだ。立ち上がりは好調だっただけに、悔いの残る5敗目となった。

 打線は、糸井が15号2ランなど1人で4打点をたたき出したが、古谷の前に二回から七回まで無安打。糸井も「明日、頑張ります」と言葉数も少なく、帰りのバスへ乗り込んだ。

 ゲーム差なしの6位だった楽天が勝ったため、5日ぶりにオリックスが最下位へ逆戻り。前日は優勝の可能性が消滅しており、全体的に元気のなさが目立った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス