文字サイズ

竜・八木痛恨1球 先頭打者弾で負けた

 「広島1-0中日」(17日、マツダ)

 中日・八木は丸に浮いた変化球を左翼席に運ばれて、先頭打者本塁打を許した。

 「僕の球威だと高めに浮けば(本塁打の)ケースが多くなる」と危ぶんでいただけに、悔やまれる一球となった。それでも二回以降は立て直した。得点圏に走者を背負っても、慌てることなくボールを低めに集めた。「気持ちを入れ替えて要所を締められた。役割は果たせた」と話した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス