文字サイズ

阪神、中日にサヨナラ負け2連敗

9回、平田(右端)にサヨナラ打を浴びた松田はマウンドに立ち尽くし、歓喜に沸く中日ナインを見つめる(撮影・田中太一)
3枚

 「中日2-1阪神」(15日、ナゴド)

 首位の中日が、ともに球団史上初となる3試合連続、月間5度目のサヨナラ勝ちで3連勝した。1-1の九回裏、2死二塁から平田の中越え二塁打で試合を決めた。阪神は2連敗。

 球団新記録となる劇的勝利を引き寄せた平田は「あそこで盗塁決めてくれた大島さんに感謝してます」と、1死から中前打し、2死から二盗に成功した大島にまず感謝。「何とか自分で返そうと思っていた」と胸を張った。

 試合を決めたヒーローに祝福の氷水をかけるのがチーム恒例となったが、平田もやっと体験。「僕もかぶりたいと思ってたんで、なるべく人のがかからないように自分のために取っておいた」と笑った。

 球団史上初の3試合連続サヨナラ勝ちには「勝ちへの執念が生んだ、チーム全員の勝ちやと思うんで、この気持ちを持ち続けていきたい」と、頼もしく話した。お立ち台でのインタビューが終わると、サヨナラのボールにサインし、気前よくスタンドに投げ込んだ。

 中日は三回、先頭・大島の右翼スタンドへのソロ本塁打で先制。阪神は八回、1死二塁から鳥谷の右翼線への適時二塁打で同点に追いついたが、5番手として九回のマウンドに上がった松田が2日続けてサヨナラ安打を浴びた。

 中日の先発・大野は7回1/3を1失点。阪神の先発・岩本は5回2/3を1失点だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス