文字サイズ

ソフト中村晃2番任せろ!実戦初マルチ

 「練習試合、ソフトバンク4-0斗山」(25日、宮崎アイビー)

 ソフトバンクの2番筆頭候補、中村晃外野手(25)が調子を上げてきた。25日、韓国・斗山との練習試合に「2番・一塁」で先発出場。今春の実戦で初めて2安打を放った。

 一回1死、左前打を放ち、左翼手が打球をはじく間に二進した。3番内川のフェンス際への一邪飛で三塁を奪い「しっかり隙を突いていくのは大事」。三回2死二塁では右越えの先制二塁打。内川の左翼線二塁打で2点目のホームを踏んだ。

 工藤監督の構想の中で2番は鍵の一つだ。小技あり、長打ありの器用な打者を求める。工藤監督は「走者がいたらいい形で3、4番に回る。立ち上がりの悪い投手に対しては、どんどん打たせていけば、初回から大量得点につながる」とうなずいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス