文字サイズ

来秋ドラ1候補 富士大・多和田悔し

 「明治神宮大会・大学の部1回戦、創価大9-2富士大」(14日、神宮)

 来秋のドラフト1位候補右腕、富士大の多和田がまさかの乱調。6四死球と制球に苦しみ、四回途中6安打7失点で降板した。

 コールド敗退に「今日の負けは自分の責任」と厳しい表情。それでも、初回に自己最速を2キロ更新する151キロを計測。阪神の葛西スカウトは「ずっと良いわけじゃないから。カーブやフォークの落ちる球をしっかり投げられていた」と成長を評価していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス