文字サイズ

オリから初の沢村賞 選考基準見直しも

 選考基準見直しの可能性を示唆した堀内委員長
1枚拡大

 プロ野球創設期の名投手、故沢村栄治氏を記念した「沢村賞」の選考委員会が27日、都内で開かれ、パ・リーグ最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得したオリックスの金子千尋投手(30)が初選出された。オリックスからの選出は初。パからの選出は4年連続となった。

 選考基準の7項目を満たした投手がおらず、該当者なしの意見もあったが、最終的には5項目を満たした金子が満場一致で選ばれた。金子には金杯と副賞300万円が贈られる。

 堀内委員長が選考基準見直しの可能性を示唆した。今年は選考基準の1つである10完投を満たした投手がおらず、「(楽天)則本君の9完投でもすごいと言われる。この辺の見直しが必要じゃないか。先発、中継ぎ、抑えがいるシステムになり、完投が難しくなった」と指摘した。

 まだ決定ではないと前置きした上で「クオリティースタート(6回以上投げて自責点3以下)で考えてもいいかもしれない」と1つのプランを示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス