文字サイズ

JR東日本・吉田が即戦力ナンバー1

 プロ野球ドラフト会議が24日午後5時から行われる。1位指名はJR東日本の148キロ右腕・吉田一将投手(24)、九州共立大の153キロ右腕・大瀬良大地投手(22)、桐光学園の149キロ左腕・松井裕樹投手(18)の3人に集中。この“ビッグ3”に、東京ガス・石川歩投手(25)、大阪桐蔭・森友哉捕手(18)らが続く。各球団は他球団の動向をにらみ、1位指名を直前まで決めかねている現状だ。

 即戦力としての評価は、紛れもなく今年のNo.1。先発ローテ入りして2桁勝利。JR東日本・吉田には、そんな高い期待を抱かせる実力と実績がある。

 191センチ、92キロの恵まれた体から、キレのいい最速148キロの直球とスライダー、チェンジアップ、ツーシームなど多彩な変化球を操る。そして、すべての球種を正確にコーナーに投げ分ける制球力が、何よりの武器だ。

 昨春の入社から2年間、エースとしてフル回転。久慈賞(敢闘賞)と若獅子賞(新人賞)をW受賞した12年都市対抗を皮切りに、日本選手権を合わせた社会人2大大会で計6勝。3季連続準Vの原動力となった。

 堀井哲也監督(51)は「一番のすごさは安定感。ここで踏ん張って欲しいという試合に、連投を含めてことごとくピークを合わせてきた」と舌を巻く。その上で「まだ伸び率はある」と、さらなる成長に太鼓判を押した。

 青森山田では控え投手だった。今、ドラフト1位候補と脚光を浴びるようになっても「自分の中では何も変わっていない。初心というか、試合に出ていなかった悔しさを忘れちゃいけない」と、ストイックに野球と向き合う。複数球団の指名競合は確実。ドラフトの主役として、右腕はその時を待つ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス