文字サイズ

桐光松井、複数球団の1位指名確実視

 プロ野球ドラフト会議が24日午後5時から行われる。1位指名はJR東日本の148キロ右腕・吉田一将投手(24)、九州共立大の153キロ右腕・大瀬良大地投手(22)、桐光学園の149キロ左腕・松井裕樹投手(18)の3人に集中。この“ビッグ3”に、東京ガス・石川歩投手(25)、大阪桐蔭・森友哉捕手(18)らが続く。各球団は他球団の動向をにらみ、1位指名を直前まで決めかねている現状だ。

 昨夏甲子園大会で1試合22奪三振の新記録をマークした桐光学園・松井裕樹投手も、複数球団の1位指名が確実視されている。

 最速149キロ直球に、大きく曲がるスライダー、チェンジアップを駆使して打者を打ち取る高校生No.1左腕。今夏は神奈川大会準々決勝で敗退し、甲子園出場を逃したが、18Uワールドカップでは高校日本代表のエースとして、銀メダル獲得に貢献した。

 174センチ、75キロと決して体格には恵まれていないが、球のキレ、落ち着いたマウンドさばきに、各球団は「即戦力」の評価を与えている。

 「勝てる投手になりたい。『松井裕樹』というスタイルをつくって育てたい」。大きな夢を抱き、松井がプロの扉をたたく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス