文字サイズ

さんま とんねるずと共演NG?

トークを繰り広げた明石家さんま=大阪・なんばグランド花月
1枚拡大

 タレント・明石家さんま(60)が6日、大阪・なんばグランド花月で上演された、タレント・大平サブロー(60)の芸能生活40周年ツアーの最終公演にゲスト出演。過去にお笑いコンビ・とんねるずに、余計なチャチャを入れて以降、共演がなくなったことを明かした。

 サブローや、同じくゲスト出演したオール阪神・巨人から「この人(さんま)の余計な一言で、どれだけのコンビがモメたか」と抗議を受けたさんま。ただ「俺、とんねるずには気を使うたんやぞ」と、過去にとんねるずとフジテレビのメーク室で一緒になった時に、場を和まそうとジョークを投げかけたことを明かした。

 さんまによると、石橋貴明に「おい貴明、木梨が堪忍袋の緒が切れたって言うてたぞ」と話しかけたという。傍らにいる木梨憲武が“言ってませんよ”と返すことを想定していたそうだが、「2人とも黙って『そうですか』って」とスルーされたといい、空気が悪くなったために退散したという。

 真相は不明ながら、さんまは「それから俺、とんねるずと共演ないねんぞ」と語っていた。

関連ニュース

デイリーペディア

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリースポーツ
ネットショッピング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス