文字サイズ

aiko「ちっきしょー」ツイート 大反響 

紅白落選でのツイートが話題となったaiko
1枚拡大

 NHKは26日、大みそかの「第65回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の出場歌手計51組(紅組27組、白組24組)を発表した。昨年まで5回出場していた常連組のゆず、同8回で今年2月に開催されたソチ五輪テーマ曲「今、咲き誇る花たちよ」をうたったコブクロをはじめ、同15回のドリームズ・カム・トゥルー、同12回のaikoが落選した。

 ネット上では、aikoが出場歌手発表直後にツイートした「紅白落選した ちっきしょーーーーー!!!」の嘆きの言葉が5時間で1万6千ツイート弱リツイートされるなど、大きな反響を呼んでいる。

 普通、落選歌手は落選についてここまで“素直”に感情を表に出すことはないが、aikoは、コウメ太夫も真っ青の「ちっきしょーーーーー!!!」の前に、号泣の顔文字入りで失意の心境を表現。aikoらしいユーモアを交えたツイートだったが、ファンからは「うそだあああああああ」「うそやん」などと嘆きの声が殺到することとなった。

 実はaikoのツイッターはこれまでにも話題を振りまいてきた。関西人らしいユーモアをまじえた素直なつぶやきが好評。今年1月20日にツイッターのアカウントを開設した時の“第一声”は「おっぱい!」だった。

 aikoは26日夜に生出演した日本テレビ系音楽特番「ベストアーティスト2014」でなぜ「おっぱい」が最初のツイートだったかを聞かれ、「なんか『おっぱい!』って言ったら笑ってくれるかな、と思って。ツイッターって、そういうもんかな、って」と笑顔で説明していた。

 他局ということもあり、この日の番組で紅白の話題に触れることはなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス