1. ホーム
  2. 競馬ギガ盛ブログ

競馬ギガ盛ブログ「秋山真一郎騎手の引退カウントダウン(EP Last)」(2月23日)

続きを見る

 親しいジョッキーが引退の日を迎える。なんとも言えない、センチな気分…。栗東・井上です。昨年12月に新規調教師免許試験に合格した秋山真一郎騎手が25日、小倉でラスト騎乗を迎えます。騎手に憧れた少年時代『EP1』、師匠との思い出やG1初制覇について語ってもらった『EP2』に続き、『EP Last』をつづりたいと思います。

 秋ヤンは『生涯現役』と思っていました。幼なじみの武幸四郎、同期の村田一誠が調教師に転身しても、「乗せてもらえる調教師がまた増えた」と笑い飛ばしていましたから。それぐらい騎手という職業に強いこだわりを持っていました。「いつか、メンタルの面で“もうええや”ってなるかなと思っていたんです。そのときに考えよう、と。50歳になったらやるかってぐらい調教師は遠くにあった」と語ります。

 そんな遠い存在が、急に近くなった。転機は落馬負傷でした。20年10月28日に栗東トレーニングセンターで調教中に落馬し、第一腰椎の破裂骨折と診断されました。それまで、小指を骨折した程度で手術も初めてだった秋ヤン。当時のブログにも書きましたが、電話で「病名よりは元気ですから。神経も脊髄もマヒしていないし、これで済んでよかったと思っています。俺もケガするんや…って。そうそう、今年厄年なんですよ」と笑っていたのが印象的です。

 ただ、この骨折が騎手引退の引き金になりました。「治ったけど、今思えば無理をしていた。大丈夫じゃなかった。腰を金属で止めているから思うように動かない。病院もサポートしてくれて、リハビリもやったけど、実際に乗ると違和感がある。でも、やれる、全然できる、技術の衰えはないって。認めない、強がり続けるんだろうな、って思っていたんですよ」。心が折れそうになるのを、負けず嫌いの性格で阻止していた。

 「でも…ね…」。険しい表情でこう続ける。「一番残酷なのは映像です。これ、だいぶ変やぞ、って。自分が思っているよりもズレがあって。映像を見て“あかんな、これ”って。一番いいなと思っていた30代半ばの映像と見比べると“全然違うやん!”って。自分にがっかりした。依頼してくれる厩舎関係者にも失礼だし、その依頼もなくなってくるし…。そろそろかな、勉強しよかって」。レースを見ていて、秋ヤンがどの位置にいるかはフォームで分かる。それぐらい奇麗。ワタクシには、どこがどう違うのか分からないけど、馬に負担をかけないフォームを追求してきた本人にとってはその“ズレ”が許せなかったようです。

 幼少期から騎手に憧れ、夢だった騎手になれた秋ヤン。後ろ髪を引かれる思いだったことでしょう。「一生いったろ、って、これでずっといったろ、って思っていたんですけどね。有力馬の依頼もなくなってモチベーションが保てない。ずっと楽しかったジョッキーという仕事なのに、おもろないが大きくなってくる。“もう一回、G1を勝ちたい!”って思っていたし、G1で後ろの方を走っていても“もう一回勝ったろ”ってモチベーションがあった。でも、それがなくなって…」。G13勝目はかなわなかった。

 思い出に残る馬やレースは?引退を前にしたジョッキーに聞く、ごく普通の質問だ。ホント、申し訳ない。これだけ長く騎手をやっていたら、ひとつに決められるものじゃない。それは分かっています。でも、すぐに答えが返ってきました。「馬は選べないけど、レースはベッラレイアのオークス」。G1初勝利でもなく、1番人気で鼻差敗れた一戦です。「これは一生忘れられない。いろんな感情が。ただ、あれがあったから、乗り方、バランス、重心をすごく意識するようになった。ターニングポイント」と振り返ります。

 28年の騎手人生で曲げなかったこと、貫いてきたことは-。「ジョッキーとしてのプライド」と胸を張ります。そして、「楽しかった。そして、一瞬でしたね。あっという間。それだけ楽しかったんだと思います。調教師になっても、同じぐらい楽しみたい。そしたら最高ですよね」と優しく笑ってくれました。

 華麗、しなやか、センスの塊。そんな表現で伝えたいジョッキーでした。「競馬に乗れなくなるのが悲しい」。「未練と後悔しかない」。「やりきった感もない」。秋ヤンが吐露したこの言葉に騎手・秋山真一郎のプライドが垣間見えます。ラストライドは25日の小倉競馬場。現地に行くと、本人よりも泣いちゃいそうだし、当日のワタクシは阪神競馬場です。モニター越しに、その姿を目に焼き付けようと思います。

記事をシェアする
twitter
facebook
line
hatena

編集者のオススメ記事

ニュース

中山グランドJ連覇が懸かるイロゴトシ

NEW 2024.4.12

競馬ギガ盛りブログ「再びこの舞台へ」(4月12日)

 こんばんは、小田穂乃実です。本当に、改めて競馬という競技は全力で命を懸けて戦う人々や、馬の頑張りの…

一覧を見る

馬体診断 - 皐月賞

レガレイラ

皐月賞

ジャンタルマンタル

皐月賞

ジャスティンミラノ

皐月賞

コスモキュランダ

皐月賞

シンエンペラー

皐月賞

ダノンデサイル

皐月賞

ミスタージーティー

皐月賞

メイショウタバル

皐月賞

エコロヴァルツ

皐月賞

サンライズジパング

皐月賞

ビザンチンドリーム

皐月賞

サンライズアース

皐月賞

アーバンシック

皐月賞

レガレイラ

ジャンタルマンタル

ジャスティンミラノ

コスモキュランダ

シンエンペラー

ダノンデサイル

ミスタージーティー

メイショウタバル

エコロヴァルツ

サンライズジパング

ビザンチンドリーム

サンライズアース

アーバンシック

有力馬次走報

一覧を見る

  1. 競馬新聞「馬サブロー」

的中速報

4月7日 中山7R

3連単
40,290円的中!

刀根善郎

刀根善郎

4月7日 中山9R

馬単
22,670円的中!

小林正明

小林正明