1. ホーム
  2. 競馬ギガ盛ブログ

競馬ギガ盛ブログ「大久保厩舎のキズナ産駒からまた一頭」(11月24日)

続きを見る

 こんにちは、栗東・山本ユウキです。今週はジャパンC。2強を中心に、楽しみなメンバーがそろいましたね。個人的な話ですが、当日は初めて東京競馬場に足を運ぶこともあって、めちゃくちゃワクワクしています。が、その前に。土曜には京都11Rで京都2歳Sが行われます。こちらもいいメンバーがズラリです。

 個人的にデビュー前から注目していたのがギャンブルルーム。7頭デビューして3頭がオープン馬と、驚異の長打率を誇る『大久保厩舎のキズナ産駒』です。

 6月には新馬戦Vを飾りましたが、制したのは『宝塚記念デーの阪神千八』。ここ3年だけでも、ホープフルS覇者ドゥラエレーデ、キラーアビリティ、ダノンザキッド、全日本2歳優駿&UAEダービー覇者デルマソトガケとG1ウイナーがたくさん出ている、いわゆる出世レース。ギャンブルルームも成功が約束されたようなものでしょう。

 デビュー戦は5馬身差の圧勝。2戦目の札幌2歳Sは2番人気に推されたものの3着に敗れました。「当時は札幌滞在のダートで、調整が難しかったです」と谷口助手は振り返ります。

 「札幌はだいぶやんちゃでした。パドックからうるさくて…」。初戦は何ともなかったそうですが、一度競馬を経験したからか、それともいつもの環境とは違うからか、装鞍所から様子がおかしかったそう。それでも3着に走ったのは能力の高さの証明。さらに、「今はお利口さんです。精神的に大人になりました」とのことなら、勝ち負け必至の存在でしょうか。

 「僕の手応えからしたら、負ける姿が見えないです。体幹がしっかりしている。新馬の時からしっかりしているなとは思っていたんですが、放牧から帰ってくる度に良くなっています。今回はさらに時計を詰めていますし、パワーもついている。ここから臨むことはそんなにないですね。早熟の馬は気持ちが切れて終わっていきますが、そんなこともない」

 谷口さんはジャッジが的確で、個人的に信頼している助手さんの一人。ここまで絶賛されるのであれば注目せざるを得ません。

 「理想の体になるのでは。状態はいいし、消耗戦なら面白い」と話す、日曜東京12RジャパンC出走予定のディープボンドと合わせて、今週は『大久保厩舎のキズナ産駒』に熱視線を送ります。

記事をシェアする
twitter
facebook
line
hatena

ニュース

充実期を迎えたホウオウビスケッツ

2024.2.28

競馬ギガ盛ブログ「○○の日」(2月28日)

 こんにちは。美浦・松浦です。今週は水曜から取材開始です。朝起きると、私のスマホは親切に「きょうは○…

一覧を見る

馬体診断 - フェブラリーS

ウィルソンテソーロ

フェブラリーS

キングズソード

フェブラリーS

ドゥラエレーデ

フェブラリーS

レッドルゼル

フェブラリーS

セキフウ

フェブラリーS

シャンパンカラー

フェブラリーS

ペプチドナイル

フェブラリーS

シャマル

フェブラリーS

ガイアフォース

フェブラリーS

カラテ

フェブラリーS

ウィルソンテソーロ

キングズソード

ドゥラエレーデ

レッドルゼル

セキフウ

シャンパンカラー

ペプチドナイル

シャマル

ガイアフォース

カラテ

有力馬次走報

一覧を見る

  1. 競馬新聞「馬サブロー」

的中速報