1. ホーム
  2. うま屋

【POG】2歳戦独断評価 ダートの有望株!ブレスワードが圧巻の末脚で快勝

続きを見る

 25、26日の東京、京都を舞台に2歳新馬戦が計8レース行われ、日曜東京5R(ダート1600m)はブレスワードが鮮やかな末脚を放ってV。ラスト2Fが12秒2-12秒1の加速ラップを差し切った内容、ラストのはじけ方に上級馬の資質が見て取れた。また、同日の京都4Rを勝ったマッシャーブルムもダートの有望株だ。

先週の新馬勝ち馬評価一覧

ブレスワード(牡、父ニューイヤーズデイ、美浦・中舘)

日曜東京5R・ダート1600m、中舘師「自分が乗っていて感触が良かったからね。難しい面を出さないように、まだ余裕を持たせた仕上げだったけど、ファイトしてくれた。よく頑張ってくれた。ジョッキーがしっかりと教育してくれたね」(A、★★★★)

グローリーアテイン(牡、父ヴィクトワールピサ、美浦・金成)

日曜東京6R・芝1800m、戸崎圭「追い切りに乗っていい馬だと思っていましたが、もうひとつギアが欲しいとも感じていました。ただ、きょうは返し馬から雰囲気が良くて、レースも上手に走ってくれました」(B、★★★★)

ゼーゼマン(牡、父エピファネイア、美浦・林)

土曜東京5R・芝1600m、マーカンド「スタートは速くなかったけど、逆にそれが良かった。中団でリラックスして走ってくれました。直線では1番人気の馬が加速した時に一緒に加速して、そのままいい走りをしてくれました」(B、★★★★)

マッシャーブルム(牡、父モーニン、栗東・村山)

日曜京都4R・ダート1800m、松山「スタート良く、持ったまま3番手にいけて、終始手応えが良かったです。早めに先頭に立つ形でしたが、押し切ってくれて強い競馬でした。まだこれから良くなると思います」(B、★★★★)

ヤマニンアストロン(牡、父ディーマジェスティ、栗東・石橋)

土曜京都5R・芝1400m、角田河「調教通りに動いてくれました。ゲートから直線まで、すごくスムーズに運べた分、脚がたまって最後もしっかりと伸びてくれました。まだこれから良くなりそうです」(B、★★★)

メイショウヤーキス(牡、父シニスターミニスター、栗東・飯田祐)

土曜京都6R・ダート1200m、横山和「新馬向きっぽい気性でしたし、上手に競馬をしてくれました。何も言うことはないですね」(C、★★★)

サブマリーナ(牡、父スワーヴリチャード、栗東・庄野)

日曜京都6R・芝1800m、岩田望「いいポジションでじっくり我慢できて、追ってからの反応も良かった。新馬戦としては言うことない。いい方へ成長してくれたら上のクラスでも」(C、★★★)

スタンリーテソーロ(牡、父ファインニードル、美浦・稲垣)

土曜東京4R・ダート1400m、原「スタートは遅かったですけど、スペースがあったのでうまくリカバリーできました。体力があるのは分かっていたので、逃げたら強いと思っていましたからね。抜け出してから物見をしていたぐらいですし、まだ余裕がありました。これから強い相手にどこまでやれるか楽しみです」(C、★★)

(レース評価は馬サブロースタッフによるS、A、B、C、Dの5段階。将来性評価は★5が最高)

記事をシェアする
twitter
facebook
line
hatena

関連ニュース

ニュース

 ダートコースで調教を行うレモンポップ

NEW 2024.2.22

【サウジC】レモンポップ軽快走で好気配 相棒・坂井も合格点「非常にコンディションが良さそう」

 「サウジC・G1」(24日、キングアブドゥルアジーズ) 1着賞金は日本円にして約15億円-。…

一覧を見る

馬体診断 - フェブラリーS

ウィルソンテソーロ

フェブラリーS

キングズソード

フェブラリーS

ドゥラエレーデ

フェブラリーS

レッドルゼル

フェブラリーS

セキフウ

フェブラリーS

シャンパンカラー

フェブラリーS

ペプチドナイル

フェブラリーS

シャマル

フェブラリーS

ガイアフォース

フェブラリーS

カラテ

フェブラリーS

ウィルソンテソーロ

キングズソード

ドゥラエレーデ

レッドルゼル

セキフウ

シャンパンカラー

ペプチドナイル

シャマル

ガイアフォース

カラテ

有力馬次走報

一覧を見る

  1. 競馬新聞「馬サブロー」

的中速報

2月18日 東京11R

馬連
27,850円的中!

刀根善郎

刀根善郎

2月18日 京都6R

馬単
19,850円的中!

井上達也

井上達也

主要ニュース

  1. 「ついに共演NG?」泉房穂氏1人出演
    「ついに共演NG?」泉房穂氏1人出演
     元兵庫県明石市長の泉房穂氏が22日、テレビ朝日「モーニングショー」に出演。番組では自民党の裏金問題を受けての、衆院の政治倫理審査会について取り上げた。
  2. 日本人女子学生 麟太郎否定コメに激怒
    日本人女子学生 麟太郎否定コメに激怒
     高校通算140本塁打を記録して米名門スタンフォード大への進学が決まった岩手・花巻東の佐々木麟太郎選手について、“先輩”がXでエールを送った。
  3. 万博に計上の馳石川県知事に俳優ら批判
    万博に計上の馳石川県知事に俳優ら批判
     石川県の馳浩知事にX(旧ツイッター)で批判が集まった。能登半島地震が元日に起きた石川県が15日に発表した「令和6年度予算案」に「大阪・関西万博を見据えた国際文化交流の推進」の予算として、1000万円が計上されたことが報じられると、「県民の怒り爆発」などのワードがトレンド入りした。
  4. 阪神・佐藤輝が守備でも結果を残す理由
    阪神・佐藤輝が守備でも結果を残す理由
     打撃好調な阪神の佐藤輝明内野手(24)が守備でも成長を見せている。20日まで実戦5試合に出場して無失策。20日の練習試合、韓国・サムスン戦は五回1死でボテボテのゴロに素早く前進して無駄のない動きで送球。六回2死一塁は低く鋭いゴロを低い姿勢で処理してアウトにした。
  5. 吉本興業「ダントツ」嫌われ芸人とは?
    吉本興業「ダントツ」嫌われ芸人とは?
     鬼越トマホークの坂井良多、金ちゃんが21日に更新したYouTubeチャンネルに吉本興業の先輩芸人・大山英雄をゲストに招いた。2人は大山を「後輩から嫌われている」と紹介し、大山に自身より嫌われていると思う芸人をテーマにトークを繰り広げた。