文字サイズ

ボクが宿敵巨人の投手と友達になったきっかけ

マシソン(左)がくれた帽子を初めて被ったらめちゃくちゃ違和感した
マシソンがプレゼントしてくれた帽子。巨人の主力選手のサインの多さにビックリ!
4月21日対阪神戦の8回、登板し、投球する巨人 スコット・マシソン
3枚3枚

 こんなミラクルが起きるなんて…。我が阪神タイガースが4月に甲子園で巨人に3タテを食らったことがそのきっかけ。その後も調子が全然上がらずにフラストレーションがたまったボクは、思わずツイッターでぼやいてしまった。そのつぶやきに「いいね」を押してくれた人の中に意外な人物がいた。スコット・マシソン。そう宿敵・巨人を支えるセットアッパーだ。SNSでやり取りするうちにマシソンからこんな提案が届いた。

 「君はいつ巨人ファンになるの?今度、甲子園に試合する時、巨人の帽子をあげようか」

 ボクもマシソンも実は同じカナダ出身。同郷の人から、帽子をプレゼントされるのは悪い気はしなかったけど、よく考えたら彼はいまライバルチームの選手。簡単に乗るわけにはいかない。

 「本気でボクに帽子を渡したいなら、一緒にハンバーガーを食べよう」

 少し上から目線で誘ってみたら、なんと食事に来ると言うではないか。西宮市内で有名な淡路島バーガーの店に連れて行くことになった。普段から阪神ファンであることを公言、Hanshin Tigers English Newsというサイトを運営までしている身にとって、ライバル球団の投手と会っていることを誰かに見られれないかとドキドキしたが、実際会ってみるとマシソンの人柄の良さに惹かれてしまった。

 待ち合わせ場所にはひときわデカイ白人が立っていた。カバンから帽子を取り出すと約束通りプレゼントしてくれた。「帽子のことは冗談じゃなかったんだ」と思い受け取ると、その帽子にはびっしりと巨人選手のサインが入っていた。マシソンは「チームメートに『今晩は阪神ファンに会いに行くけど、彼を巨人ファンにしてやるぜ!協力してくれ!』と言ったら、みんな喜んでサインしたよ」と嬉しそうに話した。「これで巨人大嫌いと言えなくなるなあ…」と葛藤しながらも、彼の笑顔に負けてしまった。

 残念ながら、淡路島バーガーは売り切れのため、別の店で食事したのだが、そこで話は大盛り上がり。特に、エンゼルス・大谷のメジャーでの活躍を絶賛していた。「特にバッティングはあそこまで通用すると思わなかった。ピッチングに専念したら野球の歴史に自分の名前を間違いなく残せる器の持ち主だ」。昨シーズンまで同僚だったマイコラスもカージナルスでいいスタートを切っていることで「日本球界からアメリカに行って成功しているのは素晴らしいことだ。日本の野球はもっと尊敬されるようになる」と、ボクと同じく日本びいきのようだ。

 実際、マシソンは日本人のチームメートを尊敬しているらしい。ある選手の適切なアドバイスで自分の選手寿命が延びたこと。公にはなっていないが、小学校や病院に慰問を続けている選手がいること。そんなことを聞くと、巨人を見る目が変わってしまう。マシソンと食事したのはちょうど5月下旬に、甲子園で阪神が巨人に3タテ返しをした3連戦中だった。負け試合の後、わざわざ会ってくれて、別れ際には「今度は淡路島バーガーを食べにいこう」と誘ってくれた。ダメだ、ぼくは阪神ファンなんだ、そう自分に言い聞かせながらも、次の約束を交わしてしまった…。

 ◆トレバ-・レイチュラ 1975年6月生まれ。カナダ・マニトバ州出身。関西の大学で英語講師を務める。1998年初めて来日、沖縄に11年在住、北海道に1年在住した。兵庫には2011年から在住。阪神ファンが高じて、英語サイト「Hanshin Tigers English News」(http://www.thehanshintigers.com)で阪神情報を配信中。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    トレバーの虎場最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス